精神疾患のお客様でご自身で障害年金を請求して不支給だったということで、病院のケースワーカーさん(精神保健福祉士さん)からご連絡をいただき対応した案件が、無事障害年金の支給が決定されました。

お客様と社労士の私の間にケースワーカーさんが入っていただき、患者であるお客様とご家族とケースワーカーさん、私が一堂に会して打ち合わせさせていただくなど、非常にスムーズに処理が進み、いい仕事ができました。



患者様をフォローされている病院のケースワーカーさんやソーシャルワーカーさんは、福祉や障害年金についてのご相談も多いと聞きます。
私どもでできることは障害年金に関することが中心ですがお気軽にご相談いただき、ケースワーカーさんやソーシャルワーカーさんといい関係を構築していきたいと思います。